矯正と艶髪の休日で髪の縮れ毛を改善する

アルバイトで目をよく使う仕事をしているので、目の疲労が酷くて困っています。

 

30代になってから、目がよく乾燥するようになりました。ドライアイというもので、目を開けいてるとパサパサしては痛みが走り、あまり目を長く開けることができないのです。何とか目薬をさしてはしのいでいます。

 

髪は縮れ毛で悩んでいます。30代後半になってからますますその縮れ毛が酷くなり、困りました。

 

縮れ毛は触るとゴワゴワしています。まるで、チリチリと焼いてはウェーブとなったような感じの毛が増えました。

 

どうも、毛穴の衰えにより、そのような髪の毛が増えてしまったようなのです。そんな毛が生えてから10年も経ちますが、まったく治りません。

 

そんな毛のために内巻きカールがしにくいのが困ります。毛が思うようにカールができず、すぐにとれてしまうのです。

 

 

又、1つに束ねても毛が膨らんではボサボサとなり、綺麗なポニーテールができません。

 

もっと困るのが、うねり毛もあるために、きちんとブラッシングをしないと髪の毛が束となっては団子のようになってしまうところなのです。

 

そんな縮れ毛になってしまったのも、ドライヤーだと時間がかかるからと、ヒーターの前で髪の毛を乾かしてしまったからでした。

 

髪があるために感覚が分からず、頭を近づけてしまい、気が付いたら毛穴を傷めてしまったのです。

 

前髪の上の方から後ろにかけて、全体的に毛穴を傷めてしまいました。耳の上や首の上などの見えにくい場所の髪の毛はストレートのままです。

 

そこで、その縮れた毛を改善するために、髪の毛の矯正をしました。まさに、髪の毛を矯正するので、かなり効き目のあるものでした。1回の矯正でかなりストレートになったのが驚きます。

 

そして、家では髪を簡単にストレートにできる艶髪の休日というヘアトリートメントを塗っては、ヘアアイロンを使って髪をストレートにしました。
ヘアアイロンランキングヘアアイロンのこと詳しく載ってました。私はこれを参考にしてヘアアイロンを購入しました♪)

 

又、髪を洗ったら、艶紙の休日を小さじ1杯程度を手の平で広げ、それを髪を挟むようにして塗りました。

 

根元にはあまりつかないようにして、少し離した場所から全体的に塗ります。そして、ゴムで束ねて、蒸しタオルで頭を巻きました。

 

そのまま5分、時間があれば10分ほどおいてからお湯で軽く洗い流します。

 

この艶髪の休日にはアルガンオイルが含まれていて、とっても髪にコシと艶を出せました。ですから、コシがなくて縮れた毛もブラッシングをするとかなりストレートの状態をキープできました。

 

コツは、朝と夕方に2度塗ってはブラッシングをすることです。これを半年も塗ってはブラッシングしますと、あの縮れた毛も少し改善してきました。

 

このオイルを塗らなくても、そんなに縮れた感じにならないのです。

 

又、このオイルを塗ってはタオルで巻くと、髪によりオイルが浸透してくれました。髪が乾いてもコシが出て、ストレートな髪になるのが良かったです。でも、3日ほど経てばまた髪が縮れ毛が出てくるので、半年に1回は矯正をしました。

 

髪に艶も出ましたし、絡むこともなくなって毛玉ができにくくなったのが本当に良かったです。やはり、縮れ毛には矯正が1番だと感じました。