くせ毛と私の共同生活!

女性にとって、お肌と同じぐらい大切なのが髪の毛ですよね。化粧のノリが悪かったりニキビや吹き出物ができている日は、外にも出かけたくない気分の時ってありませんか?

 

これは髪の毛も同じことで、へアルタイルが決まらない時や寝ぐせが上手く直せない時は、気分が下がることもあると思います。

 

 

申し遅れましたが、わたくし40代の主婦でございまして中学生の娘がおります。ちなみにくせ毛歴30年以上のベテランでございます・・。

 

 

さて、本題に戻りますが、中学生のわが娘も、毎朝洗面所に10分以上居座っては、あっちを結んでみたり、こっちをドライヤーをかけてみたりと大奮闘です。

 

仕舞には上手く決まらなかったのか、全部ほどいて何事もなかったかのように学校へ出発します!!

 

 

 

私は小学校ぐらいまではそんなにくせ毛ではなかったのです。

 

でも大きくなるにつれて、ドライヤーをかけることが多くなったり、紫外線を浴びることが増えたせいなのでしょうか18歳で会社に入社した頃にはひどいくせ毛になってしまいました。

 

昔でいうソバージュ(今はこう呼ばないですかね・・)をかけてごまかしていました。でも前髪までもがくせ毛だったので、会社にコテを持って行ってセットしていた記憶があります。

 

こんな生活がしばらく続いたのですが、いつだったか「縮毛矯正」というものが登場しまして、それからはストレートの縮毛矯正をかけ続けていました。

 

でも昔の縮毛矯正はお菊人形のように不自然にまっすぐになってしまうため、縮毛矯正かけたことが目で見てハッキリわかるほどで、自分のクセと馴染んでくるころが、やっと自然なストレートに見えるといった欠点もありました。

 

 

あれからもう20年以上経ちますが、ずっとストレート縮毛矯正一筋で生きてきました。

 

ですが、年齢のせいでしょうか、髪の毛がとてもパサついてボリュームも減ってきまして、ストレートが上手く出せない状態になりました。

 

 

ずっと通っていた美容院に行っても矯正ストレートがあまり効かなくなってきたので、思い切って美容院を変えてみたのです。

 

そのお店の美容師さんは私の話しをとてもよく聞いて下さる方で、今までのいきさつをお話ししたのです。まず、最近縮毛矯正が効かなくなってきたこと。

 

それはもしかしたら、以前の美容師さんが私の髪の傷み具合を見て、お薬の量を減らしているかも!?

 

これは今以上に傷んでほしくないと言う美容師さんの親心のようです。

 

そして、子供の頃はストレートだったけど今はウネウネという状態。生まれつきくせ毛でなかったとしたら、年を取ってくせが落ち着くかも!?

 

 

いよいよ今の状態の改善策です!

 

クセを利用してゆるふわパーマをかけることも一つの方法です。しかし、私の場合は髪の毛が傷んでいるようなので、あえてパーマはかけない方向で検討しました。

 

このままストレートで頑張る場合は・・・カットに魔法がありました。私のくせ毛は後頭部の真ん中あたりからのうねりがきついので、うねりがきつい頭の真ん中から、大胆に長さをカット!

 

 

ここで、一つ!今の説明を想像しますと、多分刈上げのワカメちゃんカットですよね!

 

説明不足で申し訳ありません、髪の毛の表面だけカットです。そして残りの髪の毛は肩より下の長さに残してくれていて量をすいてくれています。

 

要するに、ウルフカットですね。これでカットは終了です!

 

 

 

後はヘアアイロンできれいに仕上げて頂き完成です!

 

ヘアアイロンですが、とても便利ですね!ただ、アイロンをかけても湿気などが多い日はクセが出てしまうみたいなので、私はこのストレートの状態をキープしたいので、軽くヘアスプレーをかけて固めます。

 

 

ハードスプレーですとカチカチになってしまうので、ソフトに決まるタイプを愛用しています!これは美容師さんがやっていたのでマネしました。

 

以上、これでセット完了です!

 

 

いかがでしたでしょうか?私の経験からいいますと、まずは、信頼できる美容師さんを見つけて相談してみることが一番大事だと思います。

 

そして自分でヘアケアするためのアドバイスなども頂けるといいですよね。髪は女の命です!

 

このお話しが少しでも参考にして頂けたら幸いに思います。くせ毛生活、頑張りましょう!!